最近のトラックバック

南山の崖に触った

29日の土曜日に南山に入りました。南山スポーツ広場が11月30日で終わるので、そこの写真を撮るためです。広場が終了になると立ち入れなくなる可能性があるので、崖の西側を間近で見るのはこれが最後になるかもしれません。

まずは多摩サーキットの跡地の様子を見に行くため、ありがた山から入りました。

Img_5693

多摩サーキット跡地はさらにすっきりしました。もうほとんど木が残っていません。

Img_5679

西側の道から見ると切った木が集められ山積になっていました。

ここで年配の方と会いました。すっかり切られた山を眺めながら現状を嘆きました。

Img_5709

その後ゴルフ場沿いの道を通り右折。柿畑と大穴の間の畑を取っていると先ほどの方とまた会いました。話によるとこの畑は次の春までで、それ以後は耕作しないそうです。このあたりでは一番平らなところだけに、重機が入りそうです。開発の拠点になるかもしれません。その後南山の話をさらにしました。釜を持っていましたが、農家の方ではなく、近所にお住まいのリタイアされた方のようです。この方の話では先ほどの多摩サーキットの跡地は、開発中の暫定?遊水池になるようで、ダムをいくつか作るみたいです。ダムがあるので土石流は防げるかもしれませんが、今まで木がすって、光合成をしていた分が全て地中にしみこみます。その水はどこかで出てきます。その影響が心配されます。

Img_5728

その後 南山スポーツ広場に行きました。いつもどおりの光景が広がっていました。でもこの光景ももう見られません。

Img_5784

崖の近くまで来ました。さすがに迫力があります。崖に触ってみたい気がしましたが、下のほうは木や笹薮が生えていて人を寄せ付けない感じです。

一部最近切り開いたと思われる小道がありましたので入ってみました。

Img_5780

写真のように笹薮を刈った跡があります。ただ買ったといってもかなりの高さで、気にせずに歩いたら足首やふくらはぎに刺さりそうです。切り口も新しく刺さると大怪我をしそうなぐらいでした。きをつけながら一歩一歩進みました。

Img_5771

しばらく行くと崖の地肌が出てきました。上のほうは弾劾なので、写真左側の真ん中よりやや下の部分を触りました。触ったといってもただの土(実際は砂)でしかないのですが、昭和40年代に削られた跡ということを思い出しながら感じ入りました。昭和40年代半ばに初めて南武線から見て驚いた稲城の崖。約40年後に初めて触りました。そしておそらくこれが最後になると思います。

Img_5764

40年の月日を経て、あの不毛と思えた茶色の崖にも木が生え紅葉しています。自然の力強さに感嘆する一方、人間の手で山が崖になり、今度は崩されようとしているはかなさを感じました。人間により作られ、消えていく「稲城の崖」。残りわずかですが、できるだけ見に行き、記憶と記録にとどめたいと思います。

多摩サーキット跡地がさらにすっきりとした

Img_5393

今朝、再び南山に入りました。多摩サーキットの跡地はさらにすっきりとしてしまいました。仏舎利からゴルフ場に抜ける道からの写真ですが、日本山妙法寺が先々週は手前に木が残っていてその先にある感じでしたが、今日ははっきりと見ることが出来ました。

Img_5397

ゴルフ場に沿った道との合流地点からの写真です。ここも手前にあった気が倒されてすっきりしています。

Img_5402

多摩サーキットの跡地の敷地は写真のような木と鉄線の策が出来て覆われていました。区画整理では他の土地も含めた開発なのに、何故ここだけという疑問がわきます。読売ランドの土地ですが、その前に何かしようとしてるのでしょうか。

Img_5405

少し戻って根方谷戸の方向を見る。根方谷戸のがけのところから見る景色とほぼ同じです。その直線状のようです。手前に木が切り倒され、むき出しの土が見えます。その先に木が生えているところがありますが、そこからが根方谷戸の深い谷なります。この谷戸の谷戸川は細く、側溝のようです。とても多くの雨水を流すことは出来ませんが、この伐採で木々がすっていた水がすぐにしみこみこの川の排水量の限界を超えるのではないか。またその先の谷に水や土砂が流れそのままその先の道路(読売ランド線)に流れるのではないかと心配です。昭和51年9月には台風17号の雨で鉄砲水が発生し、ランド線が通行止めになりました。今回の伐採で、またこの先の谷戸の部分の開発でさらに危険が高まるのではないかと不安です。まずは、この水の流れる問題を解決するのが順序ではないかと思います。多摩ニュータウンの向陽台、若葉台地区の開発が遅れたのは、雨水の処理が解決しなかったからと聞きました。この南山の開発ではそのことは聞きません。本当に今のまま進めて大丈夫なのかと思います。

Img_5385

この道が再び土石流で埋まらないことを願うばかりです。

南山多摩サーキット跡地に手が入った

4日に南山を歩いたときに多摩サーキット跡地が異様に開けているのに気づいた。

Img_5179

Img_5180

調査で木がかなり伐採されていたが、それより伐採されている模様。ありがた山からゴルフ場につき足る道からの写真だが、妙法寺の建物がはっきり見えるようになった。

Img_5188

ゴルフ場との突き当たり付近から見ると、サーキット跡地の木がほとんど伐採されていた。最近までは手前に木があり全体は見渡せなかったので、大きな変わりようである。

Img_5201

妙法寺に入り裏に回ると正面に大きな青いシートが被されていた。他のサイトで聞いていたが、実際に見ると衝撃を受けた。

Img_5202

多摩サーキット跡地では土日になるとモトクロスのバイクの音が聞こえていたが、この日も来ていた。今まではほとんど姿が見られなかったがはっきり分かる。この人たちがここで乗れるのもあとわずかなことだろう。

Img_5203

Img_5205

多摩サーキット跡地の東側、根方谷戸の谷の方向。この先が気になる。この先はおわんのような谷になっていて、崩れやすい崖があり、何度か土石流が発生した場所。多摩サーキット跡地の木が切られたため、今まで雨水を吸っていた木々がなくなり、土砂が流れ出す危険が高まった。30年前によみうりランド線に土石流が流れ通行止めになったことがあるだけに、この場所の開発は心配だったが、まさか最初に手をつけるとは。よみうりランドの土地だけに、他の地権者に気兼ねなく手をつけることと、一応現状でも車でのアプローチが可能なのが仇になったか。いずれにしても雨水の問題をはっきりさせてからにしてほしかった。

Img_5215

妙法寺の入り口付近の木も伐採されていた。このあたりが開発の拠点となるのだろうか。

南山問題、集会と展示

Img_1044_s Img_1045_s

先週になりますが19日の土曜日に「南山開発と稲城のまちづくりを考える集い」がありました。南山は「南山東部地区土地区画整理」が組合方式で開発されるのが決まっていて、現在は埋蔵物調査段階です。都心から最も近い里山だけに残してもらいたいところですが、ほとんどが私有地で、地権者が市街化地域を希望したため開発の方向にあります。

今までもここの緑を守る運動をしている団体や議員さんもいましたが、ちょっと支持できない政党の臭いが強かったりして参加しませんでした。今回もその傾向はあるものの、超党派ということで集いのある中央公民館のホールに行きました。

ガラガラだろうと開始ぎりぎりに着きましたが、既にほぼ満席。やっと開いているところに座りました。その後も人が増え、立ち客もでる盛況ぶり。資料代300円のカンパがあるものの、300から500人は来ていたと思います。この問題の関心の高さがわかります。

稲城の昔の写真や動画を上映したあとに、講演をはさんで議論になりました。さまざまな議論があり一筋縄では行かないということが分かりました。組合方式なので大多数の賛成が必要ですが、基準に達してなかったり、推進者の説得が信用できないものだったりしています。一番問題に感じたのは、谷の部分を埋めることです。多摩丘陵東部は稲城砂層で覆われています。稲城のがけは高度成長期の建設用に砂を採取した跡です。砂は固まっているときは強いですが、崩されると水の侵食に弱いです。その砂を使って谷を埋める。しっかりしていたものをあえて崩して埋めるのですから、液状化の危険があります。谷の底はもともと水の流れるところでもあります。造成も今まで例の無い高度な技術を必要とするもののようです。そこまでしてはたしてどれだけの価値があるのか。一番大きな埋め立て場所の根方谷戸は自宅の近く。地形的に土砂が流れても自宅までは来ないでしょうが、近くの道やその道沿いの家は壊滅状態になります。

Img_1414_s 昨日の土曜日は稲城中央図書館に行きギャラリーで「南山の自然と歴史遺跡」の展示を見に行きました。雨も降り始めたのでi(あい)バスに乗っていきました。車でもいいのですが、土日の日中は駐車場はいつも満車。いそぐ用事でもないのでのんびり行きました。

Img_1434_s Img_1459_s

南山開発の経緯や写真が展示してありました。だいたい今までチラシやネットで見たものがほとんどでしたが、分かりやすい解説もありました。写真もネットで見たことのあるものがほとんどでしたが、いつ見てもすばらしく感激します(自分では撮れないだろうな)。入り口に航空写真がありましたが、これは京王線の開通した頃のようです。多摩サーキットもまだ健在で、今より土地は利用されています。その後田畑を除き利用が減ったと思いますが、月日が今のようなすばらしい森に変えたのだと感じます。一度手を入れるとまた元のようになるのに20、30年かかるのだな、とも感じました。

Img_1040_s 区画整理を実施してもほとんど利益が上がらないという話もあります。ましてやこれだけの工事には巨額の費用がかかります。売れ残ったら借金だけ残り大損害です。市内には多摩ニュータウン地区の稲城駅~若葉台駅の間に造成済みの土地で、未使用の場所がまだまだたくさんあります。無理して貴重な自然を無くすことはないと思いますが…。

南山散策&地元初詣ラン

昨日は開発が気になる南山散策と地元の寺社の初詣を兼ねてジョギングに出かけた。

Img_7183_s 南山には妙覚寺脇からのぼりありがた山のところから入った。お正月からなのだろうか、写真のように注連縄が張ってあった。そこから崖の上にある仏舎利のところを抜け、ゴルフ場との境に向かった。その途中で文化財調査の名目で木が切り倒され、一部土が彫られているところを通った。ここはよみうりランドの所有地だ。道は尾根道で両側が谷になっているが、東側は以前「多摩サーキット」というオフロードのコースだったところ。その土地をよみうりランドが持っているのだろう。原則として立ち入り禁止になっているが、今日はバイクの音が聞こえる。どこかからもぐりこんだのだろうか。

Img_7191_s Img_7193_s

Img_7196_s ゴルフ場沿いの道を行くと直線方向が同様の調査で木を伐採するために通行止めとなっていた。その周辺も既に多くの木が切り倒されていて無残な状況であった。何とか開発はストップにならないのだろうか。

Img_7216_s

Img_7220_s 遠回りして西側の尾根道を来たに向かった。北辰妙見宮に出た。ずっと妙見尊という名前で覚えていたのでお寺かと思っていたが、神社であった。ここでお参りをする。
先ほどの南山から妙見尊に通じる道をずっと通りたかったが、ようやくその道を見つけることが出来た。冬場は草が生い茂っていないので、見つけやすい。写真のように細い道なのでなおさらだ。

Img_7234_s 山を降りるとそばに妙見寺があった。こちらは墓地の販売などで、下を通ると誰でも気づくお寺だ。このお寺は以前から知っていた。このお寺と妙見尊は同じと持っていたが、お寺と神社ということに今日気づいた。

Img_7238_s

Img_7241_s その後ジョグをはじめた。南多摩尾根幹線経由で向陽台に向かい、坂を下りて大丸へ。東長沼を通り越し稲城大橋からの道を南下。再び南多摩尾根幹線から三沢川沿いの道に出て読売りランド線を南下。スタート地点の妙覚寺についた。ここで賽銭を入れお参り。すぐ近くの八雲神社による。非常に小さく、夏は道に草が生え見えなくなるようなところ。お参りだけして、威光寺に向かう。

Img_7243_s このお寺は弁天洞窟という新東京百景に選ばれた洞窟があることで有名。ここでお参りをして終了。自宅に帰る。山の中をぐるっと回ったので合計10.4キロの行程だった。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ