最近のトラックバック

« 2009年10月 | トップページ | 2010年5月 »

つくばマラソン、無事完走

昨日つくばマラソンを走ってきました。

昨年同様直前の川崎国際マラソンで失速。2年連続で手賀沼より劣化した状況でつくばに臨みました。直前のスピード練習も予定日に雨が降ったりして出来ず、スピードに不安がありました。秋の2回のハーフは、普段スピードを上げた練習が出来ないので、ストライドをやや広げた普段とは違う走りをしていました。それでいずれも13キロまでしかスピードが維持できませんでした。フルではこの走りは出来ないので、キロ6分半のペースで走ることにしました。昨年のネットタイムが4時間35分46秒。キロ6分半でイーブンペースで走ると4時間34分16秒。去年を越えることになります。

昨年のと比べてプラス要因は手賀沼、川崎共にタイムは上回ったこと。10月最終日に32キロ走ったときに4時間以上の運動をしたことです。マイナス要素は、スピード練習が出来なかったこと。そして体重が約2キロ増えたことです。

昨年のつくばは途中から意外と足が持ち、30キロ過ぎまで足が前に出ていました。そういうことはそうないので、今年はキロ6分半のペースを見て走ることにしました。そのため時計もスプリットタイムをメインにして、ラップタイムは気にしないようにしました。どうしてもラップタイムを見るとゴールタイムを意識してしまい、欲が出て途中で無理をして最後失速するからです。

つくばには何回も参加していますが、今年はその中でも最も寒い大会。まるで勝田マラソンのときのようでした。ランパンとTシャツに手袋のスタイルにしました。雨が降ってきそうなので、クリーニング後にジャケットにかぶせるビニール袋を加工して作った、レインコートをその上に来ました。大分前の大会用にに用意したものですが、ようやく役に立ちました。これならば途中で捨てられます。

スタート時には雨がひどくなりました。第1回の東京を思い出しやや不安になりましたが、ここまで来たからには走らないわけには行きません。走れば暖かい、失速しなけらば大丈夫と言い聞かせて、スタート。結局雨はこのときが一番激しかったです。

最初は周囲のペースにあわせて、無理のないペースで。それでも轢きづられたのか、6分10秒前後で行っている模様。周回コースを出て道が広くなると自然にペースアップ。学園西大通にでるとほぼキロ6分で行っている模様。でもまだ苦しくはなくそのままのペースで。途中、今や化石となったと思った暴走族の珍走に出会いました。

例年道が狭くわだちが気になっていた学園東通を北上する部分が少なくなり、すんなりと10キロを通過。このあたりでは寒さも感じずに手袋をはずしていました。その後も左ひざと左足首に痛みがあったものの、特に変わらずに走りました。

昨年も走ってみて予想外にペースがよかったのでここまでは同じかなと思っていました。実は昨年は10キロ過ぎから徐々にペースダウンしていました。走っているときには気づきませんでしたが、10キロから先は昨年を上回るペースでした。特にすれ違いでFRUNのランナーを見つけ合図していると、知らない間にペースアップしていました。結局これが後で響きました。

折り返し後に中間点。すでに手袋は復活。折り返し前アゲていると感じた風は、折り返してからもアゲていました。お手製レインコートを捨てないで良かったです。寒いのでトイレに行くランナーが続出。ただ、いつもはよくトイレ休憩する私ですが、今日は何故か我慢できそうです。結局最後まで行かずにすみました。フルでは何回ぶりかです。

25キロまでは何とかキロ6分半を維持しましたが、その後はダメ。貯金をはたくだけでした。右腰の上部に痛みも感じるようになりました。30キロ地点を見失い、31キロになりましたが、キロ6分台後半に原則。ちょうどそのころにFRUNの*s*さんに颯爽と抜かれました。一昨年も似たような場所で抜かれました(タイム的にはもう少し前ですが)。スリムで素軽い走りですぐに見えなくなりました。

もう足は完全に動かなくなって、出せる分だけをリズムで前に運んでいる感じです。幸い最近のフルで襲われていた胸や背中の痛みは起きませんでした。4時間超走った成果でしょうか。毎回歩いて上る37キロの陸橋は今年は35.5キロ。お決まりで歩きましたが、この地点までの交通規制が厳しいので、4時間半前後のランナーには助かります。

37キロ地点で伴走で走っているFRUNのBさんに追い抜かれました。ただ、追いかける足は残っていませんでした。このあたりでは完全にキロ7分ペース。去年のタイムとどっちがいいのだろうかと思いながら走りました(途中にタイム掲示がなかったこともあります)。今年から新設された折り返しコース。あるのは分かっていましたが、なかなか折り返し点に来ない。失速したランナーには辛い折り返しです。折り返してしばらくしてから、FRUNのKさんとすれ違いました。前にいると思ったので驚きました。今回はトイレ休憩がないのでどこかで抜いたかと思いましたが、後で聞いたら中間点の折り返し点ではすぐ後ろにいたそうです。その後差をつめられていたようです。折り返しに入る頃に左足、出る頃に右足のふくらはぎが軽い痙攣。ゴール後、靴を脱ぐときの悲惨な状況が頭に浮かびましたが、ペースを上げずに気をつけながら走りました。

そして競技場へ。ゴール前の時計を見てビックリ。4時間39分ぐらいかと思っていたらまだ37分台。ネットでもう少し頑張れば、サブ4.5も可能だったではないか、と思いました。ちょっと悔しかったですが、30キロ手前から失速してキロ7分近かった足を考えればこれが今日のタイムと納得しました。帰って昨年と比べましたが、10キロから20キロが今年の方がだいぶ早く、これが失速の原因になりました。すれ違いでテンションが知らず知らずに上がっていたかもしれません。

結果はグロスで4時間37分48秒。ネットで4時間31分40秒。昨年より4分短縮です。スピード練習が出来ない中での結果なので満足です。 最後までビニール袋で作ったレインコートをしましたが、これが助かりました。着替えるときにTシャツが汗びっしょりでした。この汗で冷えなかったことに感謝です。


スタート 0:00:00
スタート地点 0:06:05
5kp 0:31:05(0:37:15)
10kp 0:30:18(1:07:18)
15kp 0:30:51(1:38:25)
20kp 0:30:45(2:09:45)
25kp 0:31:45(2:40:56)
31kp 0:39:19(3:20:16)
35kp 0:27:09(3:47:25)
40kp 0:35:11(4:22:37)
Finish 0:15:07(4:37:45)

ゴール後はFRUNの仲間とオフ会。去年と同じ店ですが、テントから建物の中に変わりきれいになっていました。 鍋で暖まり帰路に着きました。

川崎国際多摩川マラソン 暑かった!

今日、川崎国際多摩川マラソンのハーフを走ってきました。
このところ腰が微妙で、歩いていて軽い痛みが出たり、違和感を感じていました。走ると激痛にになるのではと心配でした。それでこの大会も具合を見て参加するかどうか決めると言うスタンスでした。昨日一日過ごして、腰の痛みがなかったので、参加を決めました。

昨年のこの大会は自己ワーストを叩いた大会。2時間を切るペースで入りましたが、直前から飲み始めた薬の影響で5キロ手前で失速。残りはただ距離を走っただけでした。今年は、直近の調子や昨年のこともあるので、手賀沼と同様キロ6分ペースを設定しました。

Img_3898
武蔵中原駅を降りて会場に。雨に鳴かされた昨年とは打って変わって晴天。天気予報でも気温が上がるということなので、それが心配でした。スタート前の放送で「現在の気温は26度」とアナウンスされました。26度は予報よりも3度も高い。そんなはずはと思いましたが、等々力競技場内は照り返しでそのくらいあったのかもしれません。

Img_3901

暑さの不安を抱えながらスタート。2キロ過ぎの多摩沿線道路でFRUNのTさんが後ろから追いついてきました。これはサプライズでした。参加しているとは思っていませんでした。ゴール後に合流する約束をして、自分のペースへ。河川敷のランニングコースへ。土を固めたコースですが、昨日の大雨でところどころ水溜りがありました。昨年は雨でいたるところ水溜りだったことを考えればまだましですが、それでも走りづらかったです。特に丸子橋の上流側は最悪でした。

だいたいキロ6分を若干切るぐらいで進み、10キロ前後では5分40秒台も何度かでました。暑かったものの給水もあり、向かい風に助けられました。ところが折り返し前後は給水が全く無し。折り返してからは日差しは後ろになったものの風を感じなくなり、一気に暑さを感じるようになりました。折り返しでFUNのPさんを発見、合図しました。

13キロ付近からは、ピッチを少なくするため伸ばしていたストライドも伸びなくなり、失速。15キロまではキロ6分ペースを切っていましたが、その後は6分以上。河川敷から道路に出るのぼりの道でさらに失速。キロ6分が難しいとわかると、給水では止まって飲むようになりました。

結局グロスで2時間8分7秒、ネットで2時間7分24秒。手賀沼よりネットで5分遅くなりました。古市場スタートの頃のこの大会は手賀沼より5分以上短縮して、その勢いでつくばに出ましたが、この2年は手賀沼より劣化の結果が続いています。今年は暑かったからということにしておこうか。

ゴール後はTさんと合流。10キロに参加のPさんにも久々に会いました。何とビールをご馳走になりました。(PONさんは東京マラソンに当選したそうです)

タイムは不満でしたが、走っている間に腰の痛みや違和感が出なかったので、つくばは参加することにしました。フルなのでそこで発生するかもしれませんが、まずは一安心です。

« 2009年10月 | トップページ | 2010年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ