最近のトラックバック

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

南山の崖に触った

29日の土曜日に南山に入りました。南山スポーツ広場が11月30日で終わるので、そこの写真を撮るためです。広場が終了になると立ち入れなくなる可能性があるので、崖の西側を間近で見るのはこれが最後になるかもしれません。

まずは多摩サーキットの跡地の様子を見に行くため、ありがた山から入りました。

Img_5693

多摩サーキット跡地はさらにすっきりしました。もうほとんど木が残っていません。

Img_5679

西側の道から見ると切った木が集められ山積になっていました。

ここで年配の方と会いました。すっかり切られた山を眺めながら現状を嘆きました。

Img_5709

その後ゴルフ場沿いの道を通り右折。柿畑と大穴の間の畑を取っていると先ほどの方とまた会いました。話によるとこの畑は次の春までで、それ以後は耕作しないそうです。このあたりでは一番平らなところだけに、重機が入りそうです。開発の拠点になるかもしれません。その後南山の話をさらにしました。釜を持っていましたが、農家の方ではなく、近所にお住まいのリタイアされた方のようです。この方の話では先ほどの多摩サーキットの跡地は、開発中の暫定?遊水池になるようで、ダムをいくつか作るみたいです。ダムがあるので土石流は防げるかもしれませんが、今まで木がすって、光合成をしていた分が全て地中にしみこみます。その水はどこかで出てきます。その影響が心配されます。

Img_5728

その後 南山スポーツ広場に行きました。いつもどおりの光景が広がっていました。でもこの光景ももう見られません。

Img_5784

崖の近くまで来ました。さすがに迫力があります。崖に触ってみたい気がしましたが、下のほうは木や笹薮が生えていて人を寄せ付けない感じです。

一部最近切り開いたと思われる小道がありましたので入ってみました。

Img_5780

写真のように笹薮を刈った跡があります。ただ買ったといってもかなりの高さで、気にせずに歩いたら足首やふくらはぎに刺さりそうです。切り口も新しく刺さると大怪我をしそうなぐらいでした。きをつけながら一歩一歩進みました。

Img_5771

しばらく行くと崖の地肌が出てきました。上のほうは弾劾なので、写真左側の真ん中よりやや下の部分を触りました。触ったといってもただの土(実際は砂)でしかないのですが、昭和40年代に削られた跡ということを思い出しながら感じ入りました。昭和40年代半ばに初めて南武線から見て驚いた稲城の崖。約40年後に初めて触りました。そしておそらくこれが最後になると思います。

Img_5764

40年の月日を経て、あの不毛と思えた茶色の崖にも木が生え紅葉しています。自然の力強さに感嘆する一方、人間の手で山が崖になり、今度は崩されようとしているはかなさを感じました。人間により作られ、消えていく「稲城の崖」。残りわずかですが、できるだけ見に行き、記憶と記録にとどめたいと思います。

つくばマラソン

つくばマラソンに参加しました。

今月16日の川崎国際多摩川マラソンで予想外の失速でワースト2。2時間を切るつもりでスタートしましたが、2時間13分台。ワーストの記録は復帰明けで意図的にゆっくり走った2時間19分台ですから、事実上のワースト。今回は完走すらきびしい状況での参加となりましたが、「途中歩いてでもいいから最後まで完走しよう」と重いスタートに付きました。ここでこの距離を走っておけば、来年の荒川に繋がると。

16日のときはペースを上げると胃が痛み、胸が痛くなりました。今回は「胸や胃が痛まない無理をしないペースで走り、痛くなったらペースダウンしよう」と決めました。目標ペースは5キロ32分~35分で、目標タイムは歩かなければ4時間30分から5時間のペースでのゴールです。

この設定タイムなので、スタート後は周りに抜かれっぱなしでしたが、やはり引っ張られたか最初の5キロは30分台。やや早いかなと思いましたが、きつくないのでほぼ同じペースで行きました。次の5キロもほぼ同じペース。16日より早いペースですが、苦しくはありません。

タイムを気にしなかったので周りがよく見えました。効用もとてもきれいでした。また15キロ手前で右手を見ると筑波山が間近にくっきりと見えました。何度も走っていますが、北に向かう道で前方に見えるのは知っていましたが、左折した道から横に見えるとは知りませんでした。また、折り返し後もすれ違うFRUNのランナーをかなり確認できました。いつもは6割ぐらいしか気づきません。それだけ余裕がないのですね。

10~20キロの間は、5キロ31分台と32分台。15キロの先でトイレ休憩が入ったので31分台をキープ。予想以上のペース。でもまだ苦しくありません。後半は歩きも入るかもしれませんが、「これならば5時間は楽に切れそう」と思いました。20~25キロも何と31分台。ただこの頃には足の疲れを感じるようになり徐々にペースウン。25キロ先でトイレ休憩もあり25~30は34分台に。30キロを過ぎるとさすがに上体が疲れてきました。胸や胃の痛みは出ませんが、上半身がピッチダウンを始めました。足のほうはまだ前に出ようとしているようですが、上体がついていけません。ゴール後にまたお腹が攣らなければいいなと思いながら走りました。おしるこエイドもしっかりいただきましたが、このころになるとエイドではしっかり止まってもらうようになっていました(前半は走りながら取りましたが)。気温が暑いこともあり、スポーツドリンクと水を取ることもたびたびでした。

35キロから先はさすがに足のほうも前に出なくなりました。36キロ過ぎで4時間を越えましたが、今年は車道を走ることが出来ました。37キロの坂は、はじめから歩くつもりでいたので予定通りウォーク。それもあったためかこの5キロは35分を越えてしまいました。それでも何とか歩かずに完走できそうだったので、残りを走りきろうと決めました。ただ41キロ手前の坂は歩くことに決めました。もうちょっと頑張るとグロスで4時間40分を切れそうでしたが、当初の予定通り無理せず走りました。それでも最後はさすがに疲れました。35キロ以降はかなり下を向いて走っていました。

グロスで4時間40分21秒。ネットで4時間35分46秒でゴール。完走すら危うかった参加前の状況を考えると上出来です。自分なりに「復活」としているサブ4.5まであと6分弱。希望が見えたランでした。

その後FRUNのシートに戻りましたが、靴を脱ごうとすると足が攣りました。横になり少し立ってから脱ごうとするとまた攣りました。同時にお腹も攣りそうになりました。仕方ないのでしばらく靴を履いたままじっとしていました。この攣り方は最近にないものです。35キロまでは比較的足は出ていましたが、その分負担があったかもしれません。30キロ以上を走りきるのは昨年春の荒川以来です。足がビックリしたのかもしれません。つくばは午後2時を過ぎると気温が下がりますが、暖かかった当日も例外ではありませんでした。やっとのことで着替え、使い捨てカイロで温めました。ビールも遠慮しました。

その後オフ会に。暖かい鍋を中心に気持ちよく飲むことが出来ました。とっちゃん、ありがとうございます。

スタート        0:00:00
スタート地点  0.0   0:04:34  0:04:34
5kp        5.0  0:35:18  0:30:44
10kp            10.0  1:06:06  0:30:47
15kp            15.0  1:37:28  0:31:22
20kp            20.0  2:09:41  0:32:13  トイレ休憩
25kp            25.0  2:41:12  0:31:30
30kp            30.0  3:15:34  0:34:21   トイレ休憩
35kp            35.0  3:50:11  0:34:36
40kp            40.0  4:25:28  0:35:17
Finish           42.2  4:40:21  0:14:52

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ